ペット可能な賃貸マンション、アパートでペットを飼う時は、契約書、マナーをしっかり守ることが大切です。

単身赴任で賃貸物件に引っ越すときの注意点

ペットが飼える賃貸物件

賃貸マンション、アパートなどは一般的にはペットを飼うことは禁止です。それはペットのにおい、がついたり、壁、床を傷つけたりするため大家さんが嫌うためでう。しかし、近年は、ペット禁止では入居者が入らないことからペットOKとなる賃貸マンションが増えつつあります。ペットといってもいろいろあります。単純にペットがOKといっても何でもよいわけではありません。犬、猫、小鳥などは一般的ですが、ちょっと特殊な、フェレット、小猿、爬虫類系となると不動産業者、大家さんに確認することがいいでしょう。ペットによるトラブルは大家さんだけでなく隣人の愛あっでも起きるのです。

ペットOKのマンションであっても隣人との騒音は、大きなトラブルとなると訴訟になるケースもあります。ですので、専用のケースなどに入れて、騒音を極力抑えるようにしないといけません。もちろん、散歩などに行くときもマンションの公共スペースに糞などをさせない、清掃をしっかりするといったマナーを守ることが大切です。ペットの飼育が可能なマンションであっても、ペットを飼っていない人も多くいます。マナーをしっかり守り、契約をしっかり守ることが大切です。事前に契約内容をしっかり読み返して、後から文句が言われないようにすることが必要です。

Copyright 2017 単身赴任で賃貸物件に引っ越すときの注意点 All Rights Reserved.