単身赴任で賃貸物件を借りるときには、ウィークリーマンションやマンスリーマンションなどが便利です。

単身赴任で賃貸物件に引っ越すときの注意点

単身赴任で借りる賃貸物件の種類

仕事で単身赴任をしなければならなくなったとき、賃貸のマンションやアパートを探さなければならない場合が多いです。普通のマンションやアパートのほかにも、ウィークリーマンションやマンスリーマンションなどもあります。そういった物件を利用するのも、ひとつの選択肢です。こういった物件の方が、赴任先での生活のスタートは簡単になります。

また、ウィークリーマンションやマンスリーマンションは普通の賃貸物件と比べて、立地場所の周囲にいろいろ便利な施設がそろっている場合も多いものです。また、敷金や礼金、仲介手数料などもたいていの場合はかかりません。これらの点で、大きなメリットがあると言ってよいでしょう。

ただ、ウィークリーマンションやマンスリーマンションの場合は、契約手数料がかかるほか、管理費など、通常の家賃の他に料金がかかるのが通常です。それでも、必要最低限の家具や家電は備わっている場合が多いので、これらを新たに買う必要がないというのはかなりのメリットです。なので、赴任期間との兼ね合いもありますが、検討してみてはいかがでしょうか。なお、「ウィークリーマンション」は比較的短期間の出張や出向に向いており、「マンスリーマンション」は比較的長期間の単身赴任者向けだと一般には言われています。

Copyright 2017 単身赴任で賃貸物件に引っ越すときの注意点 All Rights Reserved.